2013/2014 Season

最新予定公演 

::こちらにクリ久して::

 

Two Gentlemen of Verona - Oct 4 & 5, 2013

Two Gentlemen of Verona"What fashion, Madam, shall I make your breeches?"

 

The University of Cambridge's Pembroke Players returned to Japan for the fifth time with their production of The Two Gentlemen of Verona. Featuring men in the women's roles and women in the men's roles, as well as live music, it made Shakespeare's text entertaining and accessible to people new to the bard and old Shakespearean hands alike.

 

 

 

2012/2013 Season

 

House Show II: Haunted

Haunted 150px大変申し訳ございません。このコンテンツは現在日本語でご利用いただけません。しかし現在みなさまのために翻訳作業をしております。近日中にまたご覧ください!

On August 3rd and 4th, 2013 YTG presented its second House Show.

The show was created and scripted by the Yokohama Theatre Summer Ensemble in rehearsal, based on scene ideas and improvisations created by members, working from the theme of  "Haunted".

Unlike the first House Show, in which the ensemble used a living room as a makeshift theatre, the Summer Ensemble took on the challenge of using the house pretty much as-is. The architecture and layout of the house directly inspired not just the theme, but also each and every scene in the show.

 

 

The House Show - 10月 7-8日 2012 

House Show_Small

大変申し訳ございません。このコンテンツは現在日本語でご利用いただけません。しかし現在みなさまのために翻訳作業をしております。近日中にまたご覧ください!

The House Show was YTG's first site-specific show. It was performed at a secret location (someone's actual living room!) near Shirokane-Takanawa station in Tokyo to very small audiences. 

The show, directed by intern Thijs van Elten, mixed crime story with absurdism to create an intimate and intimidating piece of Theatre that never once forgot that there was an audience in the room.

 

Macbeth - 9月 21日 2012 

Macbeth 2012_en_small

「これからさらに血を求めるだろう、血は血を呼ぶのだ。」

ケインブリッジ大学のペンブローク劇団がこの秋、マクベスの公演のために来日します。舞台はエドワード朝のイギリスの田舎の子供がいないことに憑りつかれた家庭。時計が時を刻み続ける中、木馬が勝手に動き出し、心霊の気配がする...権力のためになにもかも犠牲にするマクベスはなにを信じてよいのかを問いはじめます。

 

ペンブローク劇団は今回で4回目になる来日公演の一部として、2012年9月21日に横浜のにぎわい座でマクベスを公演します。(成蹊大学提供)

 

第三回目公演 - 9月1日2012  

Showcase 3

YTG三回目のショーケースの公演案内です。小規模な観客に現在発展中の作品を観てもらい、観客がYTGの作品にインパクトを与えることができるイベントです。

 

前回と同じく、公演されるのは発展中の WALL OF SHAME: THE MUSICAL です。2月のショーケースと違い、今回はリハーサル形式での公演です。一つの作品としてではなく、いくつかのシーンを演じる予定です。ご来場をお待ちしています!

 

2011/2012 Season

 

第二回目公演 - 4月28日2012 

Showcase2 150

ヨコハマシアターグループは、第二回目のショーケースを発表できることを光栄に思います。

私たちは、観客が私たちの演劇に大きな刺激を与えてくれることを目的として、もう一度新しいショーケースを実演することにしました。

  

 

第一回目公演 - 2月4日2012 

EnsembleShowcaseFrontA5ヨコハマシアターグループは、今年後半に公演を予定している”WALL OF SHAME(恥の壁)”に向けた内容を含む、これまで彼らが取り組んできたプログラムを短いショーケースとして発表します。今回の公演は、現在取り組み途中のプログラムとして、作成資金やその他の資金援助何もなしで発表されます。ショーケースは14:00に始まり、約20~60分ほどを予定しています。パフォーマンス後は、スナックを用意して観客を交えたディスカッションを行う予定です。

 

十二夜 - 2011年9月19日 

 MG_5536-Edit

YTGは2011年もケンブリッジ大学ペンブローク劇団によるシェイクスピアツアーを上演いたします。!昨秋の『空騒ぎ』のステキな芝居を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?そんな彼らが今年もやってきます。今回は『十二夜』、シェイクスピアの喜劇における全ての要素が詰まった戯曲です。

 

2010/2011 Season

Tartuffe - 2010年12月3-12日 

IMG 3487

 

「タルチュフ」は今まで、Yokohama Theatreによる最新の台本作品だった。それはモリエールによるフレンチクラシックを新しい散文体で脚色したものだった。1つの上演は役者による45分間の即興で、役者達は1941年に日本の地方の鉄道の駅に駐在していた人物を演じていた。(「タルチュフ」はYokohama TheatreとTokyo International Playersとの2つ目の共同制作だった)

1941年の日本の駅のわびしさはタルチュフ自身の軽薄さとの対比に使われていたが、その一方でこの劇の「盲信の愚かさ」についてのオリジナルのメッセージを伝え続けている。


   

Much Ado About Nothing - 2010年9月30日と10月1日 

Much Ado About Nothing

ペンブルック・プレーヤーズが2010年、横浜を2度目に訪れた。今回の横浜での開催地はにぎわい座だった。キャストとクルーは大作「から騒ぎ」を上演し、観客から絶賛を受けました!

 

2009/2010 Season

39 - 2010年3月と夏 

39 poster

「39」はYokohama Theatreにとって初めてが多いものでした。110年に及ぶ劇団の歴史の中で最初の完全オリジナルメインステージであったこと;初めての海外ツアー公演だったこと;20回を超える上演をした初めてのショーであったこと;そして製作過程に重点を置いて劇作品を作り上げることを強調するための初めてのショーだったこと。

時間の歪みの原理を使い、「39」は宇宙飛行士が地球へ帰還したときに地球が彼にとって全く知らない地になっていたというストーリーを語っている。

 

The Tempest - 2009年9月20日 

YTG Tempest_Poster 150px

「テンペスト」はYYYへの最初のPembroke Playersツアーだった。

シェークスピアの魔法的で風変わりな最後の戯曲-心を打つ彼の最後の別れ-これは愛、悲劇そしてコメディが同等に入り混じり、偽者に身分を奪われたプロスペロが復讐を遂げるために彼の敵を魔法にかかった島に連れて行くという物語だ。

 

2008/2009 Season 

William Shakespeare's R3 - 2009年2月7と8日 

R3 Flyer_Page_1

これはシェークスピアの文章だが、ユニークな「リチャード三世」だった。

よくあるステレオタイプの悪人としてのリチャードの代わりに、マーティン・バーンズは人を愛し血も流す「人間」リチャードとして出ている。この劇では、人は何故リチャードが王になるためにしたような恐ろしいことをするのかを検証し、それは果たして払った犠牲に値したのか?という疑問を投げかけていた。

 

 

The Beggar's Opera in Concert - 2009年8月28-30日 

The Beggar's Opera - In Concert

「乞食オペラ」は1728年頃に書かれたロンドンの薄汚い街角を舞台にしたコメディだ。

主な登場人物は、報酬を得るために犯罪者仲間を司法当局に売り渡す男の娘、ポリー・ピーチャムだ。ポリーが恋する男、マクヒースは追いはぎで、女に弱いのが原因でにいつも大混乱に巻き込まれている男だ。

「乞食オペラ」のYokohama Theatreバージョンは東京在住の60歳のビクター・シアールにより再編成され、コンサート内上演というスタイルで発表された。

 

2007/2008 Season 

The Last Christmas - 2008年1月20日 

DSC 2361

「The Last Christmas」は2007/2008年ショーシーズンの最初の公演だった。これもまたYokohama Theatreのトーキョーシアターカンパニーとの最初の全面共同制作だった。

 

Ring Round the Moon - 2008年6月7と8日 

RRTM Poster

「リング・ラウンド・ザ・ムーン」はフランスの劇作家ジャン・アヌイ作のコメディで、クリストファー・フライにより英語版が編集されたものだ。劇は第一次世界大戦前の平和なフランスの「ベル・エポック」期を舞台としている。裕福な女家長のマダム・デモルトは大勢の親族や知人を彼女の城での舞踏会に招待する...しかし彼女の甥、ユーゴには別の計画があった...それがこの一晩を大混乱に陥れるものとなる。

 

2006/2007 Season

This Is Shakespeare!? - 2007年5月11-13日 

This Is Shakespeare!?

「これがシェークスピアだ!?」は昔からシェークスピアの作品を酷く改変した寸劇の形で上演されてきた。これはYokohama Theatreが2006-2007シーズンに作った唯一の作品でした。

 

Older Shows

Ancient History 

Oliver Programme

私たちはYokohama Theatreの古いショーのアーカイブをクラブとして作っていこうと計画しています。もしあなたが写真(特に1980年代以前のもの)をお持ちでしたら、こちらをお使いになり ::連絡フォーム::ご連絡ください!是非スキャンして保存したいと思います。

 

Language|言葉

Become a Patron!

eer0i patreon logo flat 150px 2YTG舞台のチケットの先行予約ができて、見に行けなかったらビデオを差し上げます!何もしなくていい、全部自動!https://patreon.com/ytgをご覧ください

YTGのMeetup.comグループに参加

YTG Acting and Theatre Workshops私たちのMeetupのグループに参加し、すべての私たちのイベントとクラスに追いつくためにMeetupのロゴをクリックしてください! 

メーリングリストに登録してください!

メーリングリストに登録して、YTGからの最新ニュースをゲットしよう!

登録は::こちらから::